“ひきあげ”ってなに?

舞鶴引揚援護局

1. ()()げと舞鶴(まいづる)

引揚船(ひきあげせん)興安丸(こうあんまる)

舞鶴港(まいづるこう)昭和(しょうわ)20(ねん)(1945)9(がつ)28(にち)引揚船(ひきあげせん)()()れる(みなと)になりました。引揚船(ひきあげせん)()けれる(みなと)全国(ぜんこく)に18(こう)ありました。 昭和(しょうわ)25(ねん)(1950)函館(はこだて)佐世保(させぼ)引揚港(ひきあげこう)が、()()れを終了(しゅうりょう) すると 舞鶴(まいづる)だけが引揚船(ひきあげせん)()()れる(みなと)になりました。昭和(しょうわ)33(ねん)(1958)にその役目(やくめ)()えるまで、のべ346(せき)引揚船(ひきあげせん)()()れ、およそ66万人(まんにん)もの引揚者(ひきあげしゃ)上陸(じょうりく)しました。舞鶴(まいづる)人々(ひとびと)上陸(じょうりく)した引揚者(ひきあげしゃ)にお(ちゃ)やふかした(いも)()()い、(みなと)から(えき)()かう引揚者(ひきあげしゃ)に「お(かえ)りなさい!ご苦労(くろう)さまでした!」と(こえ)をかけて(あたた)かく(むか)えふるさとへと見送(みおく)りました。

2.舞鶴(まいづる)地方(ちほう)引揚援護局(ひきあげえんごきょく)

舞鶴(まいづる)地方(ちほう)引揚援護局全景(ひきあげえんごきょくぜんけい)

舞鶴(まいづる)地方(ちほう)引揚援護局(ひきあげえんごきょく)中国(ちゅうごく)満洲(まんしゅう)朝鮮半島(ちょうせんはんとう)、シベリアなどから日本(にほん)(かえ)ってくる引揚者(ひきあげしゃ)()()れるために昭和(しょうわ)20(ねん)(1945)11(がつ)24(にち)にできました。おもな仕事(しごと)は、(かえ)ってきた引揚者(ひきあげしゃ)帰国(きこく)手続(てつづ)きをしたり、列車(れっしゃ)のきっぷを(くば)ったりしました。

閉局(へいきょく)するまでの13(ねん)(あいだ)(やく)66万人(まんにん)もの日本人(にほんじん)舞鶴(まいづる)上陸(じょうりく)しました。そのほかにも戦争(せんそう)()わるまで日本(にほん)()んでいたおよそ3(まん)3千人(ぜんにん) もの 中国(ちゅうごく)朝鮮半島(ちょうせんはんとう)などの人々(ひとびと)(おく)りだしました。

3.DDT

DDT

DDTとは(からだ)についたノミやシラミなどを駆除(くじょ) するための (ふん)(まつ)(くすり) のことです。DDTを ()けた(あと)は、入浴(にゅうよく)することになっていました。(ひさ)しぶりのお風呂(ふろ)がうれしくて、はしゃぎまわる(ひと)もいました。

4.歓迎塔(かんげいとう)

歓迎塔(かんげいとう)

舞鶴引揚援護局(まいづるひきあげえんごきょく)引揚者(ひきあげしゃ)歓迎(かんげい)するためにたてられた(とう)のことです。(ふね)のつく桟橋(さんばし)のそばや舞鶴(まいづる)のまちのいろいろな場所(ばしょ)() てられました。 歓迎(かんげい)(とう)をみた引揚者(ひきあげしゃ)(なか)には舞鶴(まいづる)人々(ひとびと)(やさ)しさに(なみだ)(なが)して(よろこ)(ひと)もいました。