当館について(舞鶴引揚記念館について)

引揚記念館外観

 昭和20年(1945年) 第二次世界大戦が終結し、旧満州(現・中国東北)や朝鮮半島をはじめ南太平洋など多くの国や地域に約660万人もの日本人が残されました。これらの方々を速やかに日本へ帰国させなければならなくなり、“引き揚げ”が開始されました。呉をはじめ順次18港の引揚港が全国につぎつぎと設置され、舞鶴もその役割を担うこととなり、主に旧満州や朝鮮半島、シベリアからの引揚者・復員兵を迎え入れる港となりました。

 舞鶴では昭和20年(1945年)10月7日に最初の引揚船“雲仙丸”が入港してから昭和33年9月7日の最終引揚船“白山丸”まで国内で唯一13年間にわたり約66万人もの引揚者・復員兵を迎え入れました。

 舞鶴引揚記念館は、昭和63年(1988年)4月に舞鶴市民や引き揚げて来られた方々をはじめ、全国の皆様のご支援・ご協力によって開館し、再び繰り返してはならない“引き揚げ”の史実を未来に伝え「平和の尊さ、平和への祈り」のメッセージを発信しております。

  当館には、シベリアの地で使用したコートなどの防寒着をはじめ「引揚證明書」などの文書類など全国から約1万6千点の貴重な資料の寄贈を受け、常設展示にて1000点を超える展示をおこなっております。

所在地
〒625-0133 京都府舞鶴市字平1584番地 引揚記念公園内
TEL
0773-68-0836
FAX
0773-68-0370
開館時間
9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日
12月29日~1月1日、毎月第3木曜日(8月と祝日を除く)
入館料
大人 300円  
学生(小学-大学) 150円 
  ※ただし、市内在住か在学の学生は無料
団体大人【20名以上】 200円
団体学生(小学-大学)【20名以上】 100円 
  ※ただし、市内在住か在学の学生は無料
共通券
一般個人 400円・学生個人 200円
(引揚記念館・赤れんが博物館に入館いただけます。)
入館料割引
身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、戦傷病者手帳、被爆者手帳をお持ちの方は、受付でご呈示ください。入館料が半額になります。
 

 ■館内に「軽食喫茶」「おみやげコーナー」があります。どうぞご利用下さい。