Q&A

引揚記念館に関すること

Q1 見学の予約はいりますか?
A1
ご予約なしでもご入館いただけます。
団体様の場合、よりスムーズにご入館いただけるよう、できましたら事前にご連絡ください。
Q2 休館日はいつですか?
A2
毎月第3木曜日(8月と祭日除く)と、12月29日~1月1日です。
Q3 駐車場はありますか?それは有料でしょうか?
A3
駐車場は無料となっております。自家用車は60台可、大型バス専用駐車場も10台あります。
Q4 見学時間はどのくらいかかりますか?
A4
館内は、30分~40分で見学いただけます。
Q5 引揚者名簿は見れますか?
A5
閲覧はできません。厚生労働省にお問い合わせ窓口があります。
Q6 館内は撮影禁止ですか?
A6
撮影禁止の箇所には、マークで表示しています。それ以外は撮影可です。
Q7 ガイドはいますか?予約はできますか?
A7
ガイド(語り部)は常駐していますが、ご予約は承っておりません。
語り部は背中に「語り部」と書いた白いジャンバーを着て館内におりますので見学時にお声掛けください。教育旅行やテーマ旅行の場合は個別にお問い合わせください。
Q8 食事をするところはありますか?おみやげも売っていますか?
A8
館内の「喫茶ベルカフェ」で軽食(引揚うどん、海軍カレー、スパゲティー、ピラフなど)があります。
菓子類や地酒などのおみやげも販売しております。
Q9 乗務員の休憩室はありますか?
A9
「喫茶ベルカフェ」にてご休憩いただけます。
Q10 記念館へのバスの時刻を教えてください。
A10
詳細はこちらへ・・・ 京都交通 URL: http://www.kyotokotsu.jp
Q11 共通券の団体割引はありますか?
A11
共通券自体が割引となっていますので、団体割引はございません。

引き揚げに関すること

Q1 引揚者の方々は、どうやって桟橋に降り立ったのですか?
A1
水深が浅いため、沖合で引揚船から小さな船に乗り換えて桟橋に降りられました。
Q2 岸壁はどこにありますか?
A2
船が着いた岸壁(桟橋)は、諸説あり詳細は分かりませんが、五条海岸ではないかと言われています。
Q3 桟橋はどこにありますか?
A3
記念館から、お車で2,3分の所にあります。受付にて簡単な地図をお渡ししております。今ある桟橋は、1994年(平成6年)5月27日に復元されたもので、全長15m・幅4mです。当時の桟橋は、45mほどありました。
Q4 展望台へはどのくらいでいけますか?
A4
徒歩で、往復15分ぐらいで行けます。

その他

Q1 最寄りの駅はどこですか?
記念館までの料金はいくらくらいかかりますか?
A1
JR東舞鶴駅です。バスは400円、タクシーは約2000円です。
JR時刻表詳細はこちらへ・・・JR西日本 URL: http://www.westjr.co.jp/
Q2 最寄りのインターからどのくらいかかりますか?
A2
舞鶴東インターから約15分です。
Q3 天橋立までどのくらいかかりますか?
A3 一般道なら約1時間20分、高速道路利用で約1時間です。
Q4 赤れんが博物館までの交通手段は?
A4
「引揚記念館」では「赤れんが博物館」とのお得な共通券を販売しております。
記念館から、お車で10分ほどのところにございます。受付にて簡単な地図をお渡ししております。
当館から「JR東舞鶴駅前」で乗り換えて「市役所前」で降りていただくのが最寄りのバス停です。
ただ、乗り継ぎがうまくいかない場合がございます。その場合、「駅前通三条」で降りていただいて歩いていただくことになります。バス停から徒歩で10分ほどです。
バス停時刻の詳細はこちらへ・・・ 京都交通 URL: http://www.kyotokotsu.jp
Q5 魚が買えるところや食べられるところはありますか?
A5
詳細はこちらへ・・・ 観光協会 URL: http://www.maizuru-kanko.net