“ひきあげ”ってなに?

舞鶴のひとのおもてなし

1 . 引揚港(ひきあげこう)舞鶴(まいづる)

昭和(しょうわ)20(ねん)(1945)9(がつ)28(にち)舞鶴(まいづる)(みなと)()()げの(みなと)となりました。その翌月(よくげつ)の10(がつ)7(にち)には(いま)韓国(かんこく)釜山(ぷさん)から 陸軍兵士(りくぐんへいし)()せた最初(さいしょ)引揚船(ひきあげせん)(はい)りました。当時(とうじ)舞鶴(まいづる)のひとたちの(おお)くは、戦争(せんそう)()わったばかりで()(もの)満足(まんぞく)にありませんでした。しかし、(こま)っている引揚者(ひきあげしゃ)をみて各家庭(かくかてい)から(すこ)しずつ(いも)(こめ)、お(ちゃ)などを()ちより、やっとの(おも)いで満洲(まんしゅう)やシベリアから(かえ)ることができた引揚者(ひきあげしゃ)にふるまいました。

また、(えき)()かう引揚者(ひきあげしゃ)()かけると、「おかえりなさい!ご苦労(くろう)さまでした!」「()()けてお(かえ)りください!」と(こえ)をかけ、(おお)きく()()見送(みおく)りました。

2,.舞鶴市民 (まいづるしみん)のおもてなし

引揚船(ひきあげせん)(むか)える舞鶴(まいづる)女性(じょせい)たち

舞鶴(まいづる)(ひと)たちは戦争(せんそう)(きづ)ついた引揚者(ひきあげしゃ)にお(ちゃ)()かした(いも)をふるまって(あたた)かく(むか)えました。また、引揚援護局(ひきあげえんごきょく)から列車(れっしゃ)出発(しゅっぱつ)する(えき)までの道沿(みちぞ)いには、舞鶴(まいづる)(ひと)たちが(あつ)まり「おかえりなさい!」「ご()(ろう)さまでした!」と(こえ)をかけて見送(みおく)りました。こうした舞鶴(まいづる)人々(ひとびと)(やさ)しさに()れた引揚者(ひきあげしゃ)はみな(なみだ)(なが)して()きて日本(にほん)(かえ)ることができた(よろこ)びを(かん)じることができました。

3 . ()()げの(はは)田端(たばた)ハナ

田端(たばた)ハナさん

田端(たばた)ハナさんは昭和(しょうわ)20(ねん)(1945)10(がつ)7(にち)最初(さいしょ)引揚船(ひきあげせん)雲仙丸(うんぜんまる)」から昭和(しょうわ)33(ねん)(1958(ねん))の最終引揚船(さいしゅうひきあげせん)白山丸(はんさんまる)」まで、たくさんの引揚者(ひきあげしゃ)婦人(ふじん)団体(だんたい)代表(だいひょう)としてお(むか)えしました。お(ちゃ)やふかし(いも)をふるまうアイデアを()した(ひと)で、舞鶴(まいづる)上陸(じょうりく)した(おお)くの引揚者(ひきあげしゃ)(こころ)からのおもてなしをしました。また、()()げが(おわ)った(あと)()()げの歴史(れきし)未来(みらい)(つた)えるために引揚(ひきあげ)記念(きねん)公園(こうえん)建設(けんせつ)舞鶴(まいづる)引揚(ひきあげ)記念館(きねんかん)設立(せつりつ)(ちから)(そそ)ぎました。

4 . 木村(きむら)千代子(ちよこ)

木村(きむら)千代子(ちよこ)さん

木村(きむら)千代子(ちよこ)さんは華道(かどう)先生(せんせい)だったことから、ご主人(しゅじん)勤務先(きんむさき)引揚援護局(ひきあげえんごきょく)より、引揚者(ひきあげしゃ)のために草花(くさばな)()けてもらえないかとお(ねが)いされ昭和(しょうわ)33(ねん)(1958)の援護局(えんごきょく)(へい)(きょく)まで草花(くさばな)()け、(とき)にはお(ちゃ)()()って「おもてなし」をしました。()()げが(おわ)わった(あと)も、外国(がいこく)(いのち)()とした人々(ひとびと)のために、引揚記念公園(ひきあげきねんこうえん)などでお(ちゃ)やお(はな)(そな)えて供養(くよう)をしました。

5.岸壁(がんぺき)(はは) 端野(はしの)いせ

端野(はしの)いせさん

岸壁(がんぺき)(はは)とは、戦争(せんそう)(おわ)わった(あと)戦地(せんち)から息子(むすこ)()きて(かえ)ってくるのを(みなと)岸壁(がんぺき)()っていたお(かあ)さんたちのことです。そうしたお(かあ)さんたちの気持ち(きもち)昭和(しょうわ)29(ねん)(1954)に「岸壁(がんぺき)(はは)」という(うた)になって(だい)ヒットしました。その(うた)のモデルとなったのが端野(はしの)いせさんです。いせさんは、戦争(せんそう)(おわ)わった(あと)行方(ゆくえ)がわからなくなった息子(むすこ)さんの新二(しんじ)さんの無事(ぶじ)(かえ)りを()(つづ)けましたが、とうとう()うことができませんでした。

  • 明治(めいじ)32(ねん)(1899)9(がつ)15(にち) 石川県羽咋市(いしかわけんはくいしん)()まれ、北海道(ほっかいどう)函館市(はこだてし)移住(いじゅう)
  • 大正(たいしょう)9(ねん)(1920)(ころ) 船乗(ふなの)りだった清松(きよまつ)さんと結婚(けっこん)
  • 大正(たいしょう)14(ねん)(1925)6(がつ)12(にち) 長男(ちょうなん)新二(しんじ)さん誕生(たんじょう)
  • 昭和(しょうわ)4(ねん)(1戦争(せんそう)929)12(がつ)(ころ) 長女(ちょうじょ)栄子(えいこ)さん誕生(たんじょう)
  • 昭和(しょうわ)5(ねん)(1930)9(がつ)12(にち) (おっと)清松(きよまつ)さん死去(しきょ)
  • 昭和(しょうわ)6(ねん)(1931)1(がつ)13(にち) 長女(ちょうじょ)栄子(えいこ)さん死去(しきょ)
  • 昭和(しょうわ)6(ねん)(1931)2(がつ)下旬(げじゅん) 長男(ちょうなん)新二(しんじ)さんと函館(はこだて)から東京(とうきょう)()()す。(ふく)をつくる仕事(しごと)家政婦(かせいふ)工場(こうじょう)寮母(りょうぼ)などの仕事(しごと)をしていた
  • 昭和(しょうわ)11(ねん)(1936) 東京都(とうきょうと)大田区(おおたく)大森(おおもり)()()
  • 昭和(しょうわ)19(ねん)(1944)3(がつ) 長男(ちょうなん)新二(しんじ)さん戦地(せんち)()
  • 昭和(しょうわ)20(ねん)(1945)8(がつ)15(にち)(ごろ) 長男(ちょうなん)新二(しんじ)さんは、戦友(せんゆう)証言(しょうげん)により中華民国(ちゅうかみんこく)(当時(とうじ))で戦死(せんし)したとされる。戦争(せんそう)(おわ)わった(あと)息子(むすこ)()きて(かえ)ると(しん)じて舞鶴(まいづる)何度(なんど)(あし)(はこ)
  • 昭和(しょうわ)31(ねん)(1956) 東京都(とうきょうと)より、新二(しんじ)さんの戦死(せんし)()らせが(とど)く しかし()きていることを(しん)じて(かえ)りを()
  • 昭和(しょうわ)56(ねん)(1981)7(がつ)1(にち) 81(さい)()くなる

6 . 岸壁(がんぺき)(つま)

引揚援護局(ひきあげえんごきょく)岸壁(がんぺき)
出迎(でむか)える女性(じょせい)

戦地(せんち)から(おっと)無事(ぶじ)(かえ)りを(みなと)岸壁(がんぺき)()っていた女性(じょせい)を“岸壁(がんぺき)(つま)”といいました。岸壁(がんぺき)(はは)たちと(おな)じく、大切(たいせつ)なご主人(しゅじん)(かえ)りをこどもを()れて(とお)くから(さが)しにやってくる女性(じょせい)もたくさんいました。

7 . 抑留者(よくりゅうしゃ)(すく)った大木(おおき)英一(えいいち)

大木(おおき)英一(えいいち)さん

戦争(せんそう)(おわ)わった(あと)息子(むすこ)さんの治雄(はるお)さんがシベリアへ無理(むり)やり()れて()かれたことを()って、抑留(よくりゅう)された(ひと)たちを(かえ)してもらえるように、大阪(おおさか)梅田(うめだ)駅前(えきまえ)でたった一人(ひとり)活動(かつどう)(はじ)めました。たくさんの(ひと)たちの応援(おうえん)によって息子(むすこ)さんは日本(にほん)(かえ)ることができました。昭和(しょうわ)23(ねん)(1948)8(がつ)治雄(はるお)さんは帰還(きかん)すことができましたが抑留中(よくりゅうちゅう)栄養(えいよう)不足(ぶそく)のためすぐに(なく)くなりました。

8 . 抑留者(よくりゅうしゃ)のメッセージを(つた)えた坂井(さかい)仁一郎(にいちろう)さん

坂井(さかい)仁一郎(にいちろう)さん

昭和(しょうわ)23(ねん)(1948)の(なつ)のある()坂井(さかい)仁一郎(にいちろう)さんは自宅(じたく)でラジオを()いていると、名前(なまえ)住所(じゅうしょ)()()げる放送(ほうそう)偶然耳(ぐうぜんみみ)にしました。なんとその放送(ほうそう)はシベリアに抑留(よくりゅう)された人々(ひとびと)無事(ぶじ)であることを()らせる放送(ほうそう)だったのです。日本(にほん)各地(かくち)()む、抑留者(よくりゅうしゃ)(かえ)りを()家族(かぞく)()()った放送(ほうそう)内容(ないよう)をはがきで()らせました。戦後(せんご)行方(ゆくえ)のわからなかった(おっと)息子(むすこ)()きていることを()った家族(かぞく)(なみだ)(なが)して(よろ)び、坂井(さかい)さんへお(れい)のはがきや手紙(てがみ)(おく)りました。

9.在外父兄救出学生同盟(ざいがいふけいきゅうしゅつがくせいどうめい)

戦前(せんぜん)まで満洲(まんしゅう)などで()らしていた日本人(にほんじん)大学(だいがく)へいくために、親元(おやもと)(はな)れて大阪(おおさか)東京(とうきょう)などへ一人(ひとり)(わた)ってきた大学生(だいがくせい)もたくさんいました。戦争(せんそう)(おわ)わると、満洲(まんしゅう)などに()らす両親(りょうしん)連絡(れんらく)がとれなくなり、不安(ふあん)日々(ひび)(おく)っていた大学生(だいがくせい)たちが満洲(まんしゅう)などから(かえ)ってきた引揚者(ひきあげしゃ)(ひと)たちから情報(じょうほう)()くために結成(けっせい)したのが“学生同盟(がくせいどうめい)”でした。学生同盟(がくせいどうめい)引揚者(ひきあげしゃ)のために怪我(けが)病気(びょうき)(ひと)面倒(めんどう)をみたり、列車(れっしゃ)()()案内(あんない)したり、引揚者(ひきあげしゃ)手助(てだす)けもしました。

10.シベリアからやってきた (いぬ)「クロ」

シベリアの収容所(しゅうようじょ)日本人(にほんじん)抑留者(よくりゅうしゃ)()っていたメスの(いぬ)のことです。全身(ぜんしん)(くろ)かったためクロという名前(なまえ)がつけられました。とても(ひと)なつっこくて抑留者(よくりゅうしゃ)たちからはとても可愛(かわい)がられていました。昭和(しょうわ)31(ねん)(1956)12(がつ)24(にち)早朝(そうちょう)、シベリアからの最後(さいご)引揚船(ひきあげせん)がナホトカ(こう)出発(しゅっぱつ)すると(ふね)()いかけるように、流氷(りゅうひょう)ただよう(うみ)へクロが()()みました。その()(ふね)()せられ、シベリアで一緒(いっしょ)生活(せいかつ)した仲間(なかま)として日本(にほん)へとやってきました。