『舞鶴引き揚げの日』のロゴマークを募集します!!

舞鶴引揚記念館では、引き揚げやシベリア抑留などの史実や引揚者を

13年間にわたり温かく迎えた「まちの歴史」を次世代へ継承していくために、

舞鶴港へ引揚第1船が入港した日「10月7日」を

『舞鶴引き揚げの日』に制定しました。

 

 

 このたび制定した『舞鶴引き揚げの日』について、

戦争を知らない世代の関心を高め、

幅広い世代の方々にわかりやすく伝えていくため、

ロゴマークを募集します。

 

採用されたロゴマークは、『舞鶴引き揚げの日』の取り組みをPRする

パンフレットやホームページなどで広く活用していきます。

 

年齢、プロ、アマチュア、個人、グループは問わず、

幅広い世代の方からのたくさんの作品をお待ちしております。

ぜひ、ご応募ください!

 

『舞鶴引き揚げの日』条例

(下記をクリック)

https://www.city.maizuru.kyoto.jp/cmsfiles/contents/0000004/4801/maizuruhikiagenohizyourei.pdf

 

募集内容

『舞鶴引き揚げの日』ロゴマーク

 

募集規定

次の要項より、デザインを作成してください。

 

①『舞鶴引き揚げの日』の趣旨をイメージでき、親しみやすいもの。

②未発表のもの。

③デザインのコンセプトを明記してください。

④データのサイズ・形式等

・画像サイズ  :3MB(メガバイト)以内

・ファイル形式 :JPG形式 または GIF形式

※ 手書きの作品はスキャニングし、データ化し送付してください。

※データ化できない場合のみ、現物作品の郵送も可能とします。

 

応募の注意事項

①お一人あたりの応募数に制限はありません。

ただし、デザイン1点に1枚ずつ「必要事項」(応募方法の項目)を

記入した用紙を添付してください。

②応募に係る費用は、応募者の負担になります。

③上下がわかるようにしてください。

④採用作品の一切の著作権・使用権は、

舞鶴引揚記念館に帰属します。

⑤採用作品は、ホームページや印刷物など、広範に使用します。

⑥採用作品のデザイン及び色彩は、一部を修正、変更する場合があります。

色彩については、モノクロで使用することがあります。

⑦採用者発表にあたり、氏名の公表に支障のある方は

「匿名希望」と明記してください。

⑧応募作品は、国内外で未発表の自作作品とし、

他の著作権や商標、その他第三者の権利を

侵害しないものに限ります。

他の作品の模倣・類似と認められる作品など、

これらの条件に違反していたことが判明した場合、

入賞決定後であっても、賞は無効となります。

⑨応募作品の返却はいたしません。

⑩応募の際、記載された個人情報は、

法令に基づく場合を除き、

本公募に関連する用途以外には使用しません。

 

応募方法

「募集決定」、「応募の注意事項」を確認の上、

必要事項(住所、氏名、性別、年齢、職業、

電話番号、メールアドレス、デザインのコンセプト等)

を用紙(任意の様式)に記入し、

作品とあわせて電子メールにより送付してください。

※デザインのデータ化ができない場合のみ郵送で受け付けます。

 

宛先

舞鶴引揚記念館

メール:maizuruhikiagekinenkan@nike.eonet.ne.jp

郵送 :〒625-0133 京都府舞鶴市字平1584

 

募集の締め切り

平成31年2月8日(金)必着

(郵送の場合は2月8日消印有効)

 

審査方法

舞鶴引揚記念館において、主に下記の視点から

厳正に審査します。

①『舞鶴引き揚げの日』の趣旨をイメージできるかどうか。

②カラー表現で、かつ1色でも表現できるマークかどうか。

③親しみやすいかどうか。

④コンセプトも考慮します。

 

採用1点・・・賞金3万円と舞鶴市への無料招待

(作者1名、国内移動分に限る)

 

発表

平成31年3月下旬に舞鶴引揚記念館ホームページ上で

発表し、採用者の方に通知します。