10月7日は「舞鶴引き揚げの日」!!

この度、舞鶴市では

10月7日を「舞鶴引き揚げの日」とする条例を

制定いたしました。

 

 

 

これに伴い、

舞鶴市役所ロビーにて

「舞鶴引き揚げの日条例制定記念 特別展示」

を行っております。

 

 

展示期間:平成30年10月4日(木)~10月31日(日)

場所:舞鶴市役所本庁1階ロビー

 

 

昭和20年10月7日に、釜山から乗船者約2.100名を乗せて

引き揚げ第一船「雲仙丸」が舞鶴港に入港し、

引揚者を温かく迎えた「引き揚げのまち」舞鶴。

 

 

昭和33年に当時国内で唯一の引揚港となっていた舞鶴港に

最期の引揚船が入港するまでの13年間にわたり、

海外からの引揚者約66万人と遺骨約1万6千柱を

市を挙げて迎え入れました。

 

 

海外引き揚げ終了60年を迎える今年、

引き揚げやシベリア抑留の史実と

13年間にわたり温かく引揚者を迎え入れた

まちの歴史を次世代へ継承するとともに、

平和意識の高揚を図り、

世界の恒久平和を念願するため

 

「舞鶴引き揚げの日」を制定しました。

 

是非、舞鶴市役所での展示や

当館での展示をご覧になって

 

平和への願いをともに発信いたしましょう。

 

 

 

 

ICOM舞鶴ミーティング2018開催記念 特別展示「王希奇展-一九四六-」開催中!!

 

9月28日(金)から12月2日(日)の期間

当館企画絵画展示室にて

ICOM舞鶴ミーティング2018開催記念 特別展示

「王希奇展-一九四六-」を開催しております。

 

 

 

 

中国において墨絵と油絵の融合という

独自のスタイルを確立し、

世界的に評価の高い歴史画家である

王希奇氏。

 

王氏は3年半という長い年月をかけ、

縦3メートル、横20メートルにおよぶ

巨大な作品「一九四六」を完成させました。

 

作品にはもくもくと歩みを進める

葫蘆島からの引揚者数百名余りが描かれ、

その一人ひとりに作者の想いが

こめられており、

そこに広がる光景は、観る者全てを

一瞬に引き込んでしまう強い引力を持っています。

 

 

また、「一九四六 見守る海」や

当時が偲ばれる一連の作品も

併せて展示しております。

 

 

中国と日本を結ぶ、

歴史の残る超大作の数々を

ご覧ください。

 

 

 

ICOM舞鶴ミーティング2018開催記念

《王希奇展-一九四六-》

期間:2018年9月28日(金)~12月2日(日)

期間中休館日:10月18日(木)、11月15日(木)

会場:舞鶴引揚記念館 企画絵画展示室

主催:舞鶴市

特別協力:学校法人城西大学、福知山公立大学

 

 

舞鶴引揚記念館特別展示 「王希奇展-一九四六-」 開催決定!

 

今年度3回目となる企画展の内容が決定しました。

 

 

 

 

 

 

 

ICOM舞鶴ミーティング2018開催記念

「王希奇 展 ー一九四六―」

 

 

期間:2018年9月28日(金)~12月2日(日)

入場料:無料(ただし入館料別途必要)

期間中休館日:10月18日(木)、11月15日(木)

 

 

 

今回の企画展は

ICOM舞鶴ミーティング2018の開催を記念し、

中国で活躍されている画家 王希奇 氏の絵画を

特別展示させていただきます。

 

 

王希奇 氏は

中国において墨絵と油絵の融合という独自のスタイルを確立し、

世界的に評価の高い歴史画家のひとりです。

 

 

王希奇 氏が3年半という長い年月をかけ

引揚者の様子を描いた「一九四六」は、

縦3メートル、横20メートルの巨大絵画で

迫力ある圧巻の一枚となっています。

 

 

見る者すべてを引き込む「一九四六」。

 

 

是非この機会に

舞鶴引揚記念館で

ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第2回 企画展 「シベリア虜囚 ~抑留体験者・佐藤清の回想画展~」

 

7月7日(土)より、抑留体験者の佐藤清氏が描いた
シベリア抑留の回想記録画の展示をおこなっています。

 

 

 

佐藤氏は戦後50年にあたる平成7年(1995)に舞鶴市と京都市美術館で
開催した「シベリア抑留画展」で展示された、抑留体験者の方々の描いた
回想記録画を後世へ抑留の記憶を伝える資料として当館への寄贈を
呼びかけた一人でした。

 

 

 

 

その後も、全国にいる抑留体験者が描いた回想記録画の寄贈を
よびかけました。

 

 

 

 

戦後60年が過ぎたころ、戦争の記憶の風化とともに抑留の記憶も
だんだんと薄れ、当館の入館者も減少の一途をたどる中で、
引揚記念館の今後のあり方を検討する委員としても尽力されました。

 

 

 

 

平成26年7月28日に88歳の生涯に幕を閉じましたが、遺された佐藤氏の
回想記録画から絵画に託された願いが伝われば幸いです。

 

企画展「MEMORY OF THE WORLD~たどる記憶 たずねる過去~」の開催について

終了しました。ありがとうございました。

平成30年度第1回企画展「MEMORY OF THE WORLD~たどる記憶 たずねる過去~」を開催しています。

 

当館にはシベリア抑留の体験を描いた回想画を中心に、

こどもの目線で描かれた回想画など約1.300点が収蔵されています。

作者である体験者の記憶を通じて過去をたずね

体験者の平和への想いを感じていただければと思います。

 

会期:4月24日(火)~7月1日(日)

開館時間:午前9時~午後5時(最終入館 午後4時30分)

休館日:毎月第3木曜日

 

 

 

企画展‟祖国の玄関口「引揚援護局」”の開催について

平成29年度第3回企画展‟祖国の玄関口「引揚援護局」”を開催しています。

引揚者などの手続きをおこない祖国の玄関口として大きな役割を果たした
引揚援護局の企画展を開催することとなりました。

 

引揚援護局はようやく帰国を果たした引揚者の方々が、帰国の手続きをはじめ、
再就職先の相談や衣服や食料、一時金の支給を受けた場所です。
各地の引揚港に設置され、引揚者の支援をおこないました。
今回の企画展では、舞鶴(地方)引揚援護局の果たした役割を紹介します。

 

会期:平成29年10月5日(木)〜12月20日(水)
開館時間:9:00〜17:00(最終入館16:30)
休館日:毎月第3木曜日

祖国の玄関口(表)

平成28年度第3回企画展「ものづくり展-いのちと心を支えたもの-」開催のお知らせ

舞鶴引揚記念館では、シベリア抑留者の命と心を支え、苦境を乗り越える力となった『抑留中のものづくり』をテーマにした企画展を平成29年1月20日から舞鶴引揚記念館・企画展示室を会場に開催いたしますのでお知らせします。

 

1.展示期間

平成29年1月20日(金) ~ 平成29年4月10日(月)

※展示期間中の休館日:平成29年2月16日(木)、3月16日(木)

2.展示場所

舞鶴引揚記念館 企画展示室 (舞鶴市字平1584番地)

3.料金

企画展は「無料」。 ※別途「入館料」が必要になります。

4.展示資料  ※総点数 28点

・スプーン(10点)

・たばこケース(4点)

・つまようじ付き耳かき(1点)

・火打石道具一式(1点)

・リュックサック(2点)

・小物入れ(1点)

・くし(1点)

・パイプ(喫煙具)(1点)

・裁縫箱(1点)

・箸入れ(1点)

・ひげ剃りナイフ(2点)

・将棋(1点)

・碁石(1点)

・花札(1点)

5.主な資料の概要

gaiyou_1

gaiyou_2

特別企画展「世界記憶遺産展-日本の記憶遺産-」

 特別企画展「世界記憶遺産展-日本の記憶遺産-」は1月15日(日)をもって終了いたしました。

 1月20日(金)より、平成28年度第3回企画展「ものづくり展-いのちと心を支えたもの-」を開催しています。

 ぜひ、ご覧ください。

 

世界記憶遺産登録1周年記念事業

舞鶴引揚記念館 特別企画展「世界記憶遺産展-日本の記憶遺産-」のお知らせ

舞鶴引揚記念館では、日本で世界記憶遺産に登録されている資料を所蔵する館等の協力をいただき、全国で初めて、日本の記憶遺産を一堂に紹介する特別企画展を開催します。

展示期間

平成28年10月2日(日) ~ 平成29年1月15日(日)

 ※期間中に一部展示の入れ替えを行います。

 ※展示期間中の休館日

10月20日(木)、11月17日(木)、12月15日(木) 12月29日(木)~1月1日(日)

場所

舞鶴引揚記念館 企画展示室(舞鶴市字平1584番地)

協力

田川市石炭・歴史博物館、陽明文庫、仙台市博物館、京都府立総合資料館(順不同)

展示内容

山本作兵衛コレクション(田川市石炭・歴史博物館所蔵)・・・絵画10点(レプリカ)

御堂関白記(陽明文庫所蔵)・・・パネル2点

慶長遣欧使節関係資料(仙台市博物館所蔵)・・・パネル3点

東寺百合文書(京都府立総合資料館所蔵)・・・文書4点(レプリカ)

※途中展示の入れ替えを行います。

舞鶴への生還(舞鶴引揚記念館所蔵)・・・◎抑留体験画7点

  ・羽根田光雄の作品3点

  ・木内信夫の作品3点

  ・安田清一の作品1点

   ◎北田利関係資料

     ・妻の日誌3点

     ・家族のアルバム1点

     ・抑留中に撮影された写真2点

     ・家計簿1点

料金

特別企画展は無料。ただし、別途入館料が必要です。