ユネスコ世界記憶遺産に申請しました!!

ユネスコ世界記憶遺産に申請しました!! 舞鶴引揚記念館が収蔵するシベリア抑留や引き揚げに関する資料

 舞鶴市では、引き揚げ開始70年目にあたる平成27年に、「ユネスコ世界記憶遺産」登録を目指して、舞鶴引揚記念館が収蔵するシベリア抑留と引き揚げの関係資料 総計約1万2,000点の中から、ユネスコの基準に添って登録候補資料を選定するなど取り組みを進めておりましたが、平成26年3月4日に、ユネスコ(本部パリ)に申請いたしました。
 当該資料は、世界的な重要性、真正性、希少性、唯一性を有するほか、人間愛、家族愛、平和への願い、人間の生命力など人類に共通する普遍的な主題をも包含する記録です。本資料の世界記憶遺産への登録を通じて、繰り返してはならない戦争の悲惨さや平和の尊さを広く世界に語り継いでいくことができるものと確信しております。
 今後ともご理解ご支援をお願いいたします。
 登録実現に向けた応援署名にも引き続きご協力をお願いいたします!
 

申請資料の概要
資料名:「舞鶴への生還 1945-1956シベリア抑留等日本人の本国への引き揚げの記録」
テーマ: シベリア抑留や引き揚げに関する資料

      構 成:
  • A「シベリア抑留体験の記録」
  • B「安否を気遣い帰還を願う日本の家族に関する資料」
  • C「引揚関連資料」
  • 点数: 570点

 

今後の予定

  • ユネスコの申請締め切り 3月末

    申請には1国2件の枠があるため、この時点で日本からの申請が2件以上なら、ユネスコから日本政府に2件に選定するよう依頼される

  • 国内選考 5月末までに

    国内選考で2件に選定されれば、ユネスコ審査へ

  • ユネスコの審査

    審査結果発表は、平成27(2015)年 5〜8月ごろ見込み

 

多々見市長の会見

舞鶴引揚記念館で会見とセレモニーを行いました

記者発表を行う多々見市長

記者発表を行う多々見市長

市長自ら申請資料をメール送信いたしました。

市長自ら申請資料をメール送信しました。