企画展「新収蔵品展 託された記憶」の開催について

平成29年度第2回企画展「新収蔵品展託された記憶」を開催します。
 
 全国から舞鶴引揚記念館へ寄せられたシベリア抑留や引き揚げをはじめ、第二次大戦下に
おける新たな資料を、未来へ「託された記憶」として紹介し、また、今後とも引き揚げの史実を
継承し平和の尊さを発信する貴重な資料提供への協力を呼びかけて行きます。

 会期:平成29年7月1日(土)〜10月1日(日)
 開館時間:9:00〜17:00(最終入館16:30)
 休館日:毎月第3木曜日

新収蔵品展託された記憶(表)

七夕イベント~星に願いを~開催について

舞鶴引揚記念館「七夕イベント~星に願いを~」開催のお知らせ

 

七夕という身近なイベントを通じて、来館者や地域の子供たちに平和へのメッセージや夢などの願い事を短冊に託していただき、
改めて平和の大切さについて考える機会とするため、七夕イベント~星に願いを~を開催いたします。

 

◎イベント案内

期間:平成29年7月3日(月)~9日(日)

場所:舞鶴引揚記念館

協力:NPO法人 舞鶴・引揚語りの会

平保育園、大浦小学校、若浦中学校

 

〇イベント内容

【オープニング 笹飾り付け】

日時:平成29年7月3日(月)10:00~

場所:引揚記念館 セミナールーム

内容:平保育園児、NPO法人舞鶴・引揚語りの会 会員による

笹の飾り付け

飾り物:平保育園児作成の折り紙ほか

大浦小学校児童、若浦中学校生徒が書いた平和へのメッセージ など

 

【短冊に託す願い事】 ※イベント期間中

来館者に、短冊へ平和へのメッセージや願い事を書いてもらい、笹に飾り付けて

いただきます。

 

 

海上自衛隊舞鶴教育隊が引揚記念館周辺の清掃に来てくださいました

5月21日(日)海上自衛隊舞鶴教育隊が引揚記念館周辺の清掃に来てくださいました。

展望台や引揚記念公園、収蔵庫の屋上などを約1時間半ほどかけてきれいにしていただき、

最後に教育隊司令と舞鶴市長からあいさつがありました。

 

2017.5.21 海自教育隊清掃① 2017.5.21 海自教育隊清掃②

清掃活動のようす

教育隊司令

教育隊司令ご挨拶

市長

舞鶴市長ご挨拶

★5月5日(金・祝)★「こどもの日は引き揚げの歴史を知ろう」イベント開催のお知らせ

舞鶴引揚記念館「こどもの日は引き揚げの歴史を知ろう」イベント開催のお知らせ!

5月5日(金・祝)の「こどもの日」、舞鶴引揚記念館を一日無料で開放し、「こどもの日は引き揚げの歴史を知ろう」をテーマにしたイベントを開催します。

 

こども達に引き揚げの歴史や記憶遺産を分かりやすく解説する「学芸員によるギャラリートーク」や実際に体験して学ぶ「抑留体験ものづくりワークショップ」のほか、おもてなしの再現や地元産品等の販売もございますので、こどもの日は舞鶴引揚記念館へぜひお越しください。

◎開催案内(日時、会場など)

日時 : 平成29年5月5日(金・祝)  【イベント】 10:00 ~ 15:00

 ※引揚記念館の常設展示・企画展等は9:00~17:00まで

ご見学いただけます。

会場 : 舞鶴引揚記念館 (舞鶴市字平1584番地 引揚記念公園内)

料金 : 無料

※5月5日こどもの日は、舞鶴引揚記念館を一日無料で開放いたします。

 

◎コーナー紹介

【引き揚げ知っとこコーナー】

・こどものための知っとこ記憶遺産【随時】

・まいづる引き揚げクイズラリー【先着200名】

  ※正解者には選べるオリジナル記念品を進呈

・引き揚げ紙芝居【随時】

【シベリア抑留生活体験コーナー】

・丸太運び、丸太切り体験

・当時の衣類着用体験

・食の体験【先着200名】

【おもてなしの再現コーナー】

・ふかしイモとお茶のふるまい【先着200名】

【地元産品等の販売コーナー】

・手作りパン、クッキー、陶工品など【売り切れ次第終了】

★新コーナー★

【抑留体験ものづくりワークショップ】

・天秤ばかり作り体験 【当日受付】

(第1回)10:00~ 定員10名  (第2回) 14:00~ 定員10名

◎問い合わせ

舞鶴引揚記念館

 TEL(0773)68-0836

 FAX(0773)68-0370

企画展のおしらせ

第1回企画展は終了しました。

 

 

平成29年度 第1回企画展「抑留・引き揚げ回想画展」を
企画展示室にて開催しております。

 

舞鶴引揚記念館には、およそ1300点の抑留と引き揚げを
体験された方による回想画が収蔵されています。

 

回想画は文字情報以上に抑留や引き揚げの実態伝える力を
持っています。

 

本企画展では、油彩画、水彩画のほか、赤塚不二夫氏や
ちばてつや氏などの著名漫画家が体験した引き揚げを
描いた漫画挿絵の展示もおこないます。

会期:平成29年4月13日(木)〜6月27日(火)
開館時間:9:00〜17:00(最終入館16:30)
休館日:毎月第3木曜日

引き揚げの史実継承プロジェクトのご支援ありがとうございます

シベリア抑留や引き揚げの史実や平和の尊さを未来へ継承する

舞鶴市の事業の推進に、企業の皆様からご支援をいただいております。

29年度は若い世代にも理解が深まる体験室等の整備を計画しております。

引き続き多くの皆様のご支援で、先人の労苦と

平和の尊さを発信していけるようご協力をお願いいたします。

☆企業版ふるさと納税へのご支援(寄付)企業☆

≪28年度実績≫
株式会社ビルバンク様 184万円
有限会社アドバンク様 100万円

≪29年度目標額≫
抑留生活体験室整備等 7,850万円

「引き揚げの史実の継承プロジェクト」「企業版ふるさと納税」詳しくは下記をご参照ください

↓  ↓  ↓
https://www.city.maizuru.kyoto.jp/shisei/0000002741.html

平成28年度「語り部」養成講座について

平成28年度「語り部養成講座」は終了いたしました。 

 

戦後70年が過ぎ、戦争を知らない世代が増えるなか、シベリアでの過酷な抑留生活や引き揚げの史実、また、13年間にわたり66万人もの引揚者をあたたかく迎えた舞鶴の引き揚げの歴史を学び、後世に語り継いでいくため、次のとおり「語り部」養成講座を開講いたしますので、講座のカリキュラムをお知らせします。

くわしくは、舞鶴引揚記念館(0773-68-0836)にお問い合わせください。

1.「語り部」養成講座 日程及び内容

(1)日時(開講日)

平成29年1月28日(土)、2月18日(土)、3月11日(土)、3月25日(土)の計4日間

いずれも13時~16時まで

(2)場所

舞鶴引揚記念館 セミナールーム (舞鶴市字平1584番地)

(3)講座内容 12講座(3講座/日×4日間)

NPO法人「舞鶴・引揚語りの会」の会員等が講師となり、シベリア抑留や引き揚げの史実を継承するため、舞鶴引揚記念館を拠点に活動する「語り部」を養成する講座を行います。

◆講座カリキュラム

語り部養成講座カリキュラム

   ☟こちらから「養成講座カリキュラム」をダウンロード(PDF、サイズ110KB)できます。

 ◎ 語り部養成講座カリキュラム

2.「語り部」養成講座 募集要領

(1)募集期間

平成29年1月21日(土)まで

(2)募集定員

20名 (先着順)

(3)申込方法

受講者の「住所」・「氏名」・「連絡先」を、「電話」又は「ファックス」で下記までお申し込みください。

(申込先)舞鶴引揚記念館

TEL(0773)68-0836

FAX(0773)68-0370

(4)受講料

無料

 

%e8%aa%9e%e3%82%8a%e9%83%a8%e9%a4%8a%e6%88%90%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

全国巡回展in佐世保『引き揚げの記憶と平和の願いを世界へ!未来へ!』の開催!

佐世保市で開催いたしておりました巡回展は3月26日(日)をもって終了いたしました。

開催期間中は多くの方にご来場をいただき、ありがとうございました。

 

ユネスコ世界記憶遺産登録1周年記念

全国巡回展in佐世保『引き揚げの記憶と平和への願いを世界へ!未来へ!』の開催!

舞鶴市が所蔵する「シベリア抑留」と「引揚事業」に関する資料のユネスコ世界記憶遺産登録を契機として、世界的にも類を見ない引揚事業において、引揚者を受け入れた引揚援護局開設地及び引揚港としてその役割を果たした全国のまちと連携、協力のもと、このたび、佐世保市を会場に巡回展を開催します。

【巡回展 概要】

◎佐世保市会場

開催期間   平成29年3月18日(から平成29年3月26日()まで

開催期間中の休館日平成29年3月21日(火)

開催時間   10時から18時まで

ただし、18日(土)は12時30分開始26日(日)は17時00分終了

 となりますのでご注意ください。

開催場所   佐世保市博物館島瀬美術センター 4階

(所在地:長崎県佐世保市島瀬町6番22号)

入場料    無料

主催     舞鶴市

共催     佐世保市

【展示の内容】

①「引揚事業」、「シベリア抑留」に関する展示

(1)回想絵画(引き揚げや抑留体験者が帰国後描かれた絵画類) 約50点

≪展示絵画例≫

▲「路地裏で中国の子供たちと遊んだ」 作者:髙井研一郎氏 (漫画家、佐世保市出身)

▲「路地裏で中国の子供たちと遊んだ」
作者:髙井研一郎氏
(漫画家、佐世保市出身)

▲「はじめて見た日本は箱庭みたいにきれいだった」 作者:赤塚 不二夫氏 (漫画家)

▲「はじめて見た日本は箱庭みたいにきれいだった」
作者:赤塚 不二夫氏
(漫画家)

▲「深夜の点呼」 作者:佐藤 清氏

▲「深夜の点呼」
作者:佐藤 清氏

▲「餓(ガツ)」 作者:渡邊 八郎尉門氏

▲「餓(ガツ)」
作者:渡邊 八郎尉門氏

(2)ユネスコ世界記憶遺産登録資料(レプリカ)  ※総展示点数 約120点

白樺日誌

▲白樺日誌

・「白樺日誌」

・俘虜用郵便葉書

・手作りのメモ帳

・端野いせ氏(岸壁の母のモデル)の葉書

・シベリア抑留者の帰還を待つ家族に関する資料   他

(3)シベリア抑留中に使用していた生活用品(現物資料)

・外套、帽子、手袋、靴、水筒、飯盒、タバコケース、スプーン

(4)引き揚げのまち「舞鶴」の紹介(写真、パネル)

(5)引揚事業、シベリア抑留について(パネル)

(6)「引揚桟橋」とその付近にあった「歓迎塔」(模型)

 

②「引揚事業」に関する佐世保市の関連資料展示

浦頭引揚記念資料館 展示資料や当時の様子の紹介 など

▲浦頭検疫所

▲浦頭検疫所

▲引揚船と引揚第1歩の地

▲引揚船と引揚第1歩の地

 

③映像紹介コーナー

 引き揚げの歩みや舞鶴引揚記念館の紹介、シベリア抑留と引き揚げの歴史をテーマにした音楽劇「君よ生きて」、引き揚げ犬となったクロの実話をもとにした紙芝居などを映像でご紹介します。

 

④日本遺産について

 平成28年4月25日に日本遺産に認定された旧軍港4市のストーリー「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴-日本近代化の躍動を体感できるまち-」についてパネルで紹介します。

 

【平成28年度 全国巡回展の開催実績】

 舞鶴引揚記念館では今年度3ヶ所で巡回展を開催いたします。過去2回の開催実績を紹介します。

第1回 横須賀市会場(終了)   平成28年9月17日(土)から9月25日(日)まで

                      イオン横須賀店 ショッパーズプラザ横須賀3階

第2回 呉市会場(終了)     平成28年11月24日(木)から12月6日(火)まで

                      呉市役所 1階 多目的室

 

【佐世保市会場 開催案内】

佐世保市開催チラシ(表)

佐世保市開催チラシ(裏面)

特別巡回展(東京)終了しました

KITTE地下一階東京シティアイパフォーマンスゾーンにて開催していた

舞鶴引揚記念館特別巡回展が終了しました。

 

大変多くの方にご来場いただき、ありがとうございました。

 

IMGP2999

東京展の様子①

 

IMGP3011

東京展の様子②

 

IMGP3015

東京展の様子③

 

IMGP3028

東京展の様子④

 

IMGP3014

東京展の様子⑤